外灘・バンド:エクスプロア上海
エクスプロア上海TOPへ上海TOP > 上海・上海近郊の観光 > 外灘

外灘〔Wai Tan〕・バンド

(1998年記。00年9月・02年9月・04年3月・05年8月・09年2月・10年5月改訂)

外灘全景

 上海中心部を流れる黄浦江と蘇州河の合流点から南の金陵路付近までの中山東一路沿いの黄浦江西岸は、外灘(英語名:Bund(バンド))と呼ばれ、租界時代の上海の中心地であった。ここには当時の建築物が多く残っている。また黄浦江の対岸には、上海の中でも最も急速に発展しつつある浦東新区の中心である陸家嘴金融・貿易開発区の高層ビル群と上海のシンボル的存在の東方明珠タワーが望める。

黄浦江はさまざまな船が忙しく走り、時折聞こえる汽笛が雰囲気を盛り上げてくれる。夜はライトアップがなされ、1世紀近く前の建築物が幻想的に浮かび上がる。古い上海と新しい上海が一ヵ所に凝縮された外灘は上海一の観光スポットということができよう。




この情報&地図を携帯で見る
携帯用のメールアドレスを入力すると、この施設の住所・電話番号等や携帯電話用地図を記載したページへのリンクが送信されます。


  


WHAT TO SEE ?

外灘はのんびりと散歩をするようなつもりで歩き、上海の雰囲気を味わおう。 まず外白渡橋から黄浦江岸の遊歩道を歩いてみよう。

外白渡橋
外白渡橋
奥には上海大厦が見える

◇外白渡橋
外白渡橋は1907年の完成で解放前はガーデンブリッジと呼ばれた。租界時代にはこの橋より北側は日本人居住が多かった場所で、この橋を北側から南側へ渡ると一気に欧米的雰囲気の広がる地域に変わったという。

橋の下を流れる川は数年前まで汚染河川として悪名高かった蘇州河である。上海市はこの川の浄化を進め現在ではかなり改善された。

この橋から北側を見て左手の茶色のビルは上海大厦(ホテル)で1934年に建てられた。解放前はブロードェイ・マンションと呼ばれイギリス人の管理職が居住していたという。
(関連記事:5星ホテルになった上海のシンボル「上海大厦」

ロシア総領事館
青壁が美しいロシア総領事館

◇ロシア総領事館
右手(東側)の青い建物はロシア総領事館。解放前もロシアが総領事館として利用していた建物である。すこし見づらいが、ロシア総領事館のさらにむこうに赤い古くて立派な建物があるが、これは租界時代の旧日本総領事館。しかしこのあたり一帯は軍事施設で、そばまで行くことはできない(軍事施設なので写真を撮るのも控えた方がいいだろう)。

外灘の北端の黄浦江岸にある黄浦公園は、解放前はパブリックガーデンと呼ばれ、外国人専用であったという。

人民英雄記念碑
青空にそびえる人民英雄記念碑

◇人民英雄記念碑
公園内に中華人民共和国建設に貢献した人々を讃える人民英雄記念碑がたつ。人民英雄記念碑の建設は上海市人民政府により中国解放1年後である1950年に既に決められていたが、建設はなかなか開始されなかった。1987年に上海市人民大会で建設着手が決定され、デザインの公募等を経て、1994年に落成をみた。

人民英雄記念碑の真下には外灘歴史記念館と外灘奇石博物館がある。外灘歴史記念館には外灘の古い写真などが展示されている。ただし、ときどき改装のためクローズされている(2010年5月現在も改装で閉鎖中)。

外灘の遊歩道
外灘の遊歩道

◇外灘の遊歩道
ここから黄浦江沿いの遊歩道を南下しよう。外灘を南北に貫通する車道(中山東一路)は従来全11車線であったが、2010年3月に全4車線に変更され、それにより黄浦江沿いの遊歩道も大幅に拡張された。
(関連記事:新外灘がお目見え、クラシックとモダンの融合)。

陸側に並ぶ古いビルは租界時代の建築物で、外観は当時そのままの姿を保っている。

川は黄浦江と呼ばれ上海市の中心を北(後方)へ流れ、長江と合流する長さ84kmの川。黄浦江の両岸及び長江岸の外高橋保税区岸が上海港と呼ばれ、3万トン級の船が出入り可能な国際河川港である。

黄浦江の対岸には、浦東新区陸家嘴金融貿易開発区の高層ビル群と上海のシンボル東方明珠タワーが望める。

陳毅上海初代市長
陳毅上海初代市長の像

◇初代上海市長の像
南京路と交わるところには、上海市の初代市長である陳毅の銅像がたつ。
陳毅は1949年5月28日に上海市長に就任した。
彼は国民政府との内戦で混乱した経済の立て直し、貧困対策、伝染病の駆除等の社会問題の解決のため不眠不休で取り組み「人民の市長」として上海市民の大きな支持を得たという。

外灘の信号塔
租界時代には最上部に天候を示す旗が掲げられた

◇外灘の信号塔
延安路と交わるところのそばに煙突のような塔があるが、この塔は租界時代にはマストのような部分に旗がつけられ、黄浦江を行き交う船に天候などの情報を伝える信号塔であった。最上部の十字部分に方位を英語でN・E・S・Wとせず、東・西・南・北と漢字で書いてあるところもおもしろい。この建築物の1階は数年前まで外灘史陳列室として利用されていたが、現在はバーATANUとなっている。1階部分には現在も古い外灘の写真が展示されており、2階は屋内のバー、さらに屋上が露天バーとなっている。

さらにもう少し南下したところに以前は延安高架路と歩道橋があったが外灘の建築群の景観を阻害するということで、外灘の再開発とともに撤去され現在は横断歩道で対岸に渡る。



和平飯店南楼
建物の中に入れば70年前にタイムスリップ

◇外灘の歴史的建築群たち
中山東路の対岸に出たら今来た方向と逆に(北上)進もう。いくつかの建物は自由に入ることができる。ちょっと中を覗けば70年前にタイムスリップした気分になれる。

中山東路を北上していくと、途中福州路と交わる。今は特に特徴のない道だが、解放前は「スマロ(四馬路)」と呼ばれた。あの 「夢のスマロ」である。昔は香水の香りの漂う上海一の風俗ストリートであったという。

租界時代の建築物

外灘及び上海のシンボルである古いビル群は50年以上前に建設されたもの。

現在は、ホテルおよび上海市政府の「外灘と対岸の浦東新区陸家嘴を金融センターとする」という政策に沿って、銀行、保険会社、外貨取引センターなどに使用されており、さらにここ数年はブランドショップと高級レストランが入る建物が増えてきている。(各建物の詳細は下記参照)

夜は22時(23時までの日もある)までライトアップされる。夜景はさらにすばらしく必見である(次項参照)

  • 旧大英帝国領事館
  • 旧メソニック・ホ―ル
  • 旧インド・スエズ銀行
  • 旧グレン・ライン・ビル
  • 旧ジャ-デン・マゼソン商会
  • 旧ヤンツ・インシュランス・アソシエーション・ビル
  • 旧横浜正金銀行上海支店
  • 旧中国銀行総行
  • 旧サッスーン・ハウス
  • 旧パレス・ホテル
  • 旧チャ-タ-ド銀行上海支店
  • 旧ノース・チャイナ・デイリー・ニューズ&へラルド社屋
  • 旧台湾銀行上海支店
  • 旧露清銀行上海支店
  • 旧交通銀行
  • 旧江海関(上海税関)
  • 旧香港上海銀行上海支店
  • 旧輪船招商局
  • 旧大北電報局
  • 旧大清銀行
  • 旧日清汽船上海支店
  • 旧ユニオン・アシュランス・カンバニ-ズ・ビル
  • 旧シャンハイ・クラブ
  • 旧マクベイン・ビル
  • バンドの夜景

    ◎夜景の楽しみ方
    上海に来たからには絶対に外灘の夜景を見よう。外灘に行くのに、昼か夜のいずれかのみと問われればやはり夜の夜景を勧めたい。
    季節にもよるが、夜19時頃から22時(または23時)まで外灘の建物群がライトアップされ幻想的な姿となる。
    また黄浦江対岸の浦東新区の東方明珠タワーや陸家嘴の摩天楼群の明かりもきれいだ。
    夜景の楽しみ方は外灘の遊歩道を歩くのが基本だが、それ以外にもいくつかのスポットがある。

    ◎船から夜景を楽しむ
    まず挙げられるのは黄浦江の遊覧船。複数が運航されているが、代表的なのは「黄浦江遊覧」で、新しく整備された十六鋪のターミナルから出航する。チケットは当日乗船前にターミナルで購入することができる。

    乗船時は服務員が迎えてくれる。サービスに気を配るよう訓練されているようであり、なかなか親切だ。通常のコースは、左手に外灘の古い建物群、右手に浦東新区の高層ビル群を見ながらゆっくり進む。そして楊浦大橋の真下でUターンして十六鋪埠頭に戻る。この約1時間の行程は景色をのんびりと見ている間にすぐに過ぎてしまう。チケット代金は100元で、10:00から21:30まで30分おきに運航されている。

    ◎夏なら夕景も
    日の長い夏ならば、夕暮れから夜景に変わっていく18時30分のものがお勧め。夕食付きのコースもある(200元・18時乗船開始・19時出航・20時帰着)。
    (「黄浦江遊覧船・フェリー」の項参照)

    遊覧船に乗らなくても、黄浦江を横断するフェリーに乗れば船上からの夜景を楽しむことができる(フェリーについては後述)。

    ◎夜景を楽しめるレストラン
    夜景を楽しみながらのんびりレストランで食事というのもいいだろう。外灘には以下のようなレストランがある。
     Bund 18(中山東一路18号)内 灘外楼(中華) Mr&Mrs Bund(フレンチ)
     中山東一路6号内 東京和食 Sun with Aqua(和食) Tian Di(中華)
     中山東一路5号内 M on th Bund(コンチネンタル)
     Three on the Bund(中山東一路3号)内 Laris(コンチネンタル) 黄浦会(中華) Jean Georges(フレンチ)

    黄浦江を浦東側に渡って、川越しに眺める夜景もいい。浦東側にも遊歩道があり対岸の租界時代の建物群を一望することができる。夏の夜は恋人達のデートスポットとなる。遊歩道に沿って多数のレストランやスターバックス、ハーゲンダッツのカフェなどもあるので、夜景観賞スポットには困らない。

    バンドの由来

    バンドとはそもそも人工の土手や堤防を意味する。イギリス統治下のインドで、港岸のウォーターフロント地域がバンドと呼ばれていたが、上海の外灘地域も同様な地形であることからここもバンドと呼ばれるようになった。

    外灘から足をのばす

    ◎外灘から浦東新区へ

    外灘の対岸に位置する浦東新区陸家嘴は本来ビジネス街だが、東方明珠塔金茂大廈上海環球金融中心等いくつかの観光スポットがある。
    もちろん日を改めて訪れてもいいのだが、外灘からすぐなので外灘観光のついでに足を伸ばすのもいいだろう。




    ◇外灘観光トンネル

    外灘から陸家嘴への足として「外灘観光トンネル(上海観光隊道)」というものがある。
    外灘観光トンネルは外灘と陸家嘴との間を移動する旅行者向けに作られたもので、黄浦江の下のトンネルを自動運行される10人乗り程度の小さな乗り物で移動する。全長646.7メートルでほんの5分ほどの道程だが、トンネル内にはタイムマシンに乗ったかのような気分になる煌びやかな電飾が設置されている。歴史的建築物が並ぶ外灘(過去)から現在まさに開発が進む浦東陸家嘴(未来)へ行くことは時空を移動するという意味のようだ。
    詳細は「外灘観光トンネル」の項参照。

    ◇お得で便利な黄浦江フェリー

    オススメなのは、黄浦江を渡るフェリーの利用。外灘のそばを渡る東金線は夜景が美しく特に夏の夜には夜風が気持ちいい。以前は座席もない全くの渡し船だったが、近年観光利用に対応するため、観光客の多い航路は1階部分の半分と2階に座席のあるフェリーが使われ空調も付くようになった。中山東路と金陵東路交差点のそばの乗り場から10分に一本程度の間隔で頻繁に出ている。
    浦東側は東昌路輪渡站という乗り場につくが、そこから浦東側の黄浦江岸までは歩いて3分ほど。

    ◎南浦大橋

    車で中山東路を南下し南浦大橋に行ってみるのもおもしろい。南浦大橋は黄浦江をまたぐ大橋のうちの1つであり、その 美しい姿は北に位置する揚浦大橋と並んで上海人自慢の建築物のうちの1つである。2001年初に白く塗られ、それまでのコンクリート剥き出しの姿から白亜の吊橋に生まれ変わった。時間がなければ車で橋を渡り折り返してくるだけで もよいが、できれば橋の下からエレベーターに乗り橋桁に上がり、車道脇についている歩道を歩いてみたい。黄浦江を行き交う船や陸家嘴金融貿易開発区の摩天楼を一望することができる。
    (南浦大橋についての詳細は プロの観光案内 南浦大橋 参照)。



    クチコミ情報

    外灘についてあなたのクチコミ情報をお寄せ下さい(書込内容はここに掲載されます)

    よろず情報交換(質問と回答)



















    エクスプロア上海TOP][上海・上海近郊の観光] [エクスプロア中国トラベル ホテル&航空券]

    Copyright(C) since 1998 Shanghai Explorer