エクスプロア中国トラベルTOPへ エクスプロア中国トラベルTOP > 蘇州庭園チケット事前代行手配

 2019年5月より蘇州拙政園と獅子林を代表とする一部の蘇州庭園は事前チケット予約制に変更しました。24時間前に予約しないと当日入場できません。チケットの購入に中国の携帯番号が必要になります。(当日券は販売しません)
  弊社は蘇州庭園チケットの事前代行手配を始めました!弊社の携帯番号でQRコードを入手して、メールで送ります。あなたの蘇州観光を全力サポートします!

手配業者:エクスプロア中国トラベル



レギュラー 蘇州庭園チケット価格(30元発券手数料込み)
有効期間:1月 2月 3月 6月 11月 12月
拙政園
100元
獅子林
60元
留園
75元
虎丘
90 元
滄浪亭
45元
網師園
60元
耦園
50元
ピーク 蘇州庭園チケット価格(30元発券手数料込み)
有効期間:4月 5月 7月 8月 9月 10月
拙政園
120元
獅子林
70 元
留園
85 元
虎丘
110 元
滄浪亭
50 元
網師園
70 元
耦園
55元

蘇州各庭園の紹介
【拙政園】
拙政園は蘇州旅行のハイライトです。蘇州の名園の中でも最大の面積を誇る世界遺産にも指定されている名園です。
【留園】
留園は中国にある有名な古典園林であり、江南の歴史ある街蘇州に位置し、園内の建築は精巧を極め、奇石(太湖石)が多く名高い。
【虎丘】
虎丘は蘇州の城外西北に位置する標高30メートルあまりの小高い丘。太古の時代には海中の小島であった。
【獅子林】
蘇州四大名園の中、最も歴史の長い庭園は「獅子林」です。今から600年前の元の時代からもスタートしていました。
【滄浪亭】
滄浪亭は蘇州四大名園の一つで、約1000年の歴史を蘇州現存最古の庭園です。中国人観光客が圧倒的に多いです。外国人観光客が少ないです。
【網師園】
網師園はいわゆる私家庭園の一つです、もともとは南宋時代の高官が引退して老後を過ごすために建てた「漁隠」と名づけた庭園です。
【耦園】
耦園は蘇州古典園林の中では比較的新しく清代末期に造られた庭園です。黄石の大きな築山と池を中心とした落ち着いた庭園です。


【蘇州庭園の営業時間】

拙政園
7:30~17:30(3月1日~11月15日)
7:30~17:00(11月16日~翌年2月29日)


獅子林
7:30~17:30(3月1日-10月15日)
7:30~17:00(10月16日-翌年2月末)

留園
07:30~17:00(3月11日-10月31日)
07:30~16:30(11月1日-翌年3月10日)

虎丘
7:30~17:30 (5月1日-10月7日)
7:30~17:00(10月8日-翌年4月30日)

滄浪亭
7:30~17:30(通年)

網師園
7:00~17:30(4月 5月 7月 8月 9月 10月)
7:30~17:00(1月 2月 3月 6月 11月 12月)

耦園
7:30~17:00(通年)



1.下記庭園はお申し込みの際に予定の入場時間をご指定ください。

A.拙政園

B.獅子林

 07:30~08:30   08:30~09:30   09:30~10:30   10:30~11:30   11:30~12:30   12:30~13:30   13:30~14:30   14:30~15:30   15:30~16:30   16:30~17:00 

2.下記庭園はお申し込みの際に午前観光または午後観光をご指定ください。

C.虎丘

D.留園

(午前:開園~12:30まで 午後:12:30~閉園まで)

3.入園時間の変更はできませんので、十分ご注意ください。

4.チケット購入するにはお客様のパスポート番号が必要です、パスポート番号一つで最大チケット4枚まで購入可能です。4枚以上チケット購入の場合はパスポート番号二つください。

5.予約完了後、弊社よりQRコードを送信致します。当日は庭園入口でQRコードのご提示でご入園ください。

6.QRコードはご利用日の1週間前に送信します、予めご了承ください。


支払方法
人民元:銀行振込/Alipay(支付宝)/WeChat(微信)
日本円:日本から中国への海外送金/PayPal(クレジットカード 4.4%の手数料が必要)
キャンセル規定
ご予約完了後のキャンセルはできませんので、予めご了承ください。

本旅行手配
上海建発万達国際旅行社有限公司
TEL:+86-137-6430-4872  Mail:ticket@lemon-tour.com
上海建発万達国際旅行社有限公司 旅行条件

*お問合せメールはこちらから



[エクスプロア中国トラベルINDEX] [上海TOP] [上海・上海近郊の観光地] [エクスプロア中国ビジネス]

Copyright(C) since 1998 Shanghai Explorer